見出し画像

ボケりんご救済レシピ①パンのおともにぴったりな「りんごバター」の作り方

せっかく買ってきたりんごが!見た目はあんなにおいしそうだったのに!
切ってみたらボケていた・・・大ショック。そんなブルーな日を救ってくれる、お助けレシピ「りんごバター」をご紹介します。

そもそも「ボケりんご」って何?
「りんごがボケる」とは、北海道や特定の地域で使われている方言。果実が柔らかくパサパサ、もそもそになった状態を指します。これは収穫後もりんごが呼吸を続け、果実の水分が抜けていくのが原因です。

りんごバター

画像7

添加物ナシなのでお子さんにも安心して食べさせられます!

材料(作りやすい分量)

りんご  1個
砂糖  50g
バター  100g
レモン果汁  小さじ1

作り方

①りんごは皮をむいてすりおろす。

画像2

②耐熱のボウルに①と砂糖を入れる。

画像3

③ふんわりラップをして600Wのレンジで4分(500Wで4分半)加熱する。

画像4

④ラップをとり、600Wのレンジで4分(500Wで4分半)時々かき混ぜながら加熱する。

画像5

⑤バターを加え、溶かしながら混ぜる。

画像6

⑥レモン果汁を加えて混ぜ、保存容器に。冷蔵庫で3日ほど保存可能。

画像7

おすすめはトースト!

ささっと食パンに塗って焼くだけなので、忙しい朝にもぴったり!ふわっと香るりんごの香りで、ちょっと幸せな気持ちになれますよ。

まだまだあります【ボケりんご救済レシピ】
★さっぱりおいしい!自家製焼肉のタレのレシピは10/12(月)公開します。

取材・文・編集・レシピ/能戸英里
編集(note)/池真由
撮影/石田理恵

冬は買い物に行くのが大変……。そんな時はスマホ・パソコンから簡単に注文ができる宅配システム「トドック」が便利です。

スキありがとうございます!
2
Cho-co-tto(ちょこっと)は、宅配事業と店舗で北海道の組合員さん180万人の食を支える、生活協同組合コープさっぽろの広報誌。毎月57万部発行しています。 「安心して子どもに食べさせられるものが見つかる」をテーマに、毎日の食事がちょこっと楽しくなる記事をお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。