見出し画像

おいしいりんご、どうやって見分けるの?

おいしくて、健康や美容にも嬉しいりんご。
身近な果実だけに、読者の皆さんからたくさんの素朴なギモンをいただきました!

ズバリ! おいしいりんごを見分けたい!

画像1


これらの条件が揃っているほど“ボケていない”確率もアップ!
ちなみに「りんごがボケる」とは、北海道や特定の地域で使われている方言。果実が柔らかくパサパサ、もそもそになった状態を指します。

表面がベタベタしているのは農薬?

農薬ではなく、熟成が進むとりんごの果実から分泌される成分。作り手の方々は「ワックス」と呼び、熟度の目安にしています。品種によって差があり、つがるやジョナゴールドなどはワックスが出やすい品種。果実が皮を守るための自然現象で、人工的なものではないため、食べても体に害はありません。

取材・文・編集/青田美穂
撮影/石田理恵
編集(note)/田村裕子

コープさっぽろの宅配システム「トドックサイト」なら、スマホ・PCから注文OK!

スキありがとうございます!
6
Cho-co-tto(ちょこっと)は、宅配事業と店舗で北海道の組合員さん180万人の食を支える、生活協同組合コープさっぽろの広報誌。毎月57万部発行しています。 「安心して子どもに食べさせられるものが見つかる」をテーマに、毎日の食事がちょこっと楽しくなる記事をお届けします。