見出し画像

りんごを長くおいしく保存するには?

りんごがボケているとすごーくガッカリですよね。
りんごがボケるのは果実が収穫後も呼吸を続け、水分が抜けてしまうのが原因です。

そこで、

できるだけ、長くおいしく保存するには?

りんごの呼吸を抑えて、水分の蒸発を防ぐのが保存のポイント。まとめてではなく「1個ずつポリ袋に入れて冷蔵庫へ」。ラップは密閉度が高く、傷みやすくなるためご注意を。さらに長く持たせたい場合は、新聞紙でくるんでからポリ袋に入れて冷蔵保存するのがオススメです。とはいえ、鮮度も味を左右するので、購入から2週間を食べ切りの目安に。

画像1

取材・文・編集/青田美穂
撮影/石田理恵
イラスト/こぐれけいすけ
編集(note)/田村裕子

スキありがとうございます!
2
北海道の生活協同組合コープさっぽろの広報誌 “Cho-co-tto(ちょこっと)” です。 「安心して子どもに食べさせられるものが見つかる」をテーマに、読んでくれた人が「毎日のごはん支度や買い物が“ちょこっと”楽しくなったな」と思ってくれるような記事をお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。