見出し画像

Cho-co-tto10月号で読者に好評だったレシピTOP3を発表します

コープさっぽろが毎月発行するフリーペーパー、Cho-co-tto(ちょこっと)10月号の読者アンケートで反響のあったレシピTOP3と、その作り方をご紹介します。
ちなみに、10月号は読者アンケート総数552件とこれまで創刊された103号のなかで歴代トップの票数でした!
(※7月号は100号特別版のため票数の歴代順位から除いています)
皆さまいつもありがとうございます。
今回は、レシピに寄せられたコメントも合わせてご紹介します。

第3位 自家製焼肉のタレ

ボケたりんごが焼肉のタレに大変身するこちらのレシピ。
読者からも反響がたくさんありました!

まさに先日、ボケりんごを購入してしまい…使い道に困っていたので、レシピを参考においしくいただきたいと思います。(旭川市 ののさん)
ボケたりんごを焼肉のタレに変えるレシピが気になりました。
りんごがあれば家にあるもので作れてしまうところが◎
ボケてなくても作ってみたいです。笑(千歳市 かれーちゃんさん)
りんごがボケるを当たり前に使っていたけど、
北海道弁だったことに衝撃を受けました。(札幌市 ともさん)

参考になったというコメントも多かった一方で、「ボケ」が方言だということに驚いた方も多かったようです。
ちなみに、こちらのタレは炊き込みご飯にアレンジしてもおいしいですよ!

焼肉のタレで味付け!簡単おいしい炊き込みご飯のレシピはこちら

そもそも「ボケりんご」って何?
「りんごがボケる」とは、北海道や特定の地域で使われている方言。果実が柔らかくパサパサ、もそもそになった状態を指します。これは収穫後もりんごが呼吸を続け、果実の水分が抜けていくのが原因の一つと言われています。

画像4

材料(約300ml)

りんご  1個
玉ねぎ  1/4個
しょうゆ  100ml
酒  大さじ2
砂糖  大さじ2
はちみつ  大さじ2
ごま油  大さじ1
すりおろしにんにく  小さじ1/2
お好みで豆板醤  少々

作り方

①りんごは皮をむいて、種を取る。玉ねぎも皮をむく。
②りんごと玉ねぎはすりおろす。
③調味料を量って、鍋に入れる。
④ ③に②を加え、沸騰させる。
⑤弱火で5分ほど煮込む。
⑥お好みで豆板醤を加えるとピリ辛に。

★工程画像付きの詳しいレシピはこちら

第2位 ガトーインビジブル

SNSで話題沸騰中のフランス生まれの萌え断スイーツ!  
読者からの注目度も高かったレシピです。

萌え断スイーツが良かったです!
萌え断は気になっていながら、なかなかチャレンジできてなかったので
手軽にチャレンジできそうなレシピ嬉しかったです。(登別市 まめさん)
ガトーインビジブルはおいしそうだし、おしゃれですね。
今度、さっそく作ってみたいと思います。(札幌市 f・kさん)

萌え断おしゃれですよね!意外と簡単にできるのもいいところ◎一度マスターすれば、いろいろな食材で萌え断を楽しめますよ!

名前の由来は?
ガトーはフランス語で「ケーキ」、インビジブルは英語で「見えない」という意味。スライス状の材料と生地が焼くことで一体化し層のように見えることからついた名前です。

画像3

材料(パウンド型1本分)

りんご(中) 3個
卵 2個
砂糖 60g
バター 50g
牛乳 70ml
薄力粉 50g

作り方

①卵と砂糖をボウルに入れ、泡だて器で混ぜる。
②溶かしバターを加えて混ぜる。
③牛乳を加えて混ぜる。
④薄力粉をふるいながら加える。
⑤泡だて器で混ぜる。
⑥りんごは皮をむいて、種を取り、半分に切って薄くスライスする。
⑦⑥を⑤に加える。
⑧そっと混ぜ、りんごに生地を絡める。
⑨⑧からりんごだけを取り出して油(分量外)を塗ったパウンド型に隙間なく詰める。
⑩ボウルに残った生地を⑨に流す。
⑪5cmほどの高さから数回落とし、空気を抜く。
⑫170℃に温めたオーブンで40分焼き、3時間ほど冷まして、型から外す。

第1位 アップルパイ

食べるのがもったいないかわいさ!
りんごを丸ごと使ったアップルパイです。

丸ごとどーんのアップルパイのレシピが良かったです。見た目が凄くかわいいのと、材料が簡単なので、この秋冬ぜひ作りたいと思いました。(函館市 R・Tさん)
丸ごとりんごを食べることができるなんて嬉しい!と感じました。(札幌市 みちこさん)

これぞまさに、「きゅん」ですね。
とってもかわいいので、お子さまにも喜んでもらえそうです♪

画像2

材料(1個分)

りんご 1個
フィリング
 ★バター 10g
 ★グラニュー糖 大さじ1.5
 ★レーズン 10g
パイシート 1枚
卵黄 1/2個分
ジャム(アプリコットやりんご) 適量
棒状のお菓子 1本
※バターはやわらかくしておく。
※パイシートは室温に30分ほど置いて解凍しておく。

作り方

①りんごの軸の周りに包丁で切れ込みを入れる。
②小さなスプーンで種の部分をくり抜く。
③耐熱皿にのせ、ふんわりラップをかけて600Wで2分(500Wで2分半)加熱し、粗熱を取る。
④★をよく混ぜ、フィリングを作る。
⑤りんごのくり抜いた部分に④を詰める。
⑥パイシートは半分に切る。
⑦麺棒で半分くらいの厚さになるまでのばす。
⑧のばしたパイシートを十字に重ねる。
⑨真ん中に⑤をのせ、りんごがはみ出ないように包む。
⑩小さじ1/2の水(分量外)を混ぜた卵黄をはけで塗る。
⑪180℃に温めたオーブンで40分焼く。
⑫軽く温めたジャムを全体に塗り、枝に見立てたお菓子を飾る。

画像1

今回使用したCO・OPパイシートはコープさっぽろのお店または、宅配システムトドックでお取り扱いしています。

★コープさっぽろの宅配システム「トドック」詳しくはこちら

取材・文・編集・レシピ/能戸英里
編集(note)/池真由
撮影/石田理恵

スキありがとうございます!
Cho-co-tto(ちょこっと)は、宅配事業と店舗で北海道の組合員さん180万人の食を支える、生活協同組合コープさっぽろの広報誌。毎月57万部発行しています。 「安心して子どもに食べさせられるものが見つかる」をテーマに、毎日の食事がちょこっと楽しくなる記事をお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。