見出し画像

表紙撮影現場の裏側 アートディレクターの挑戦〉あおぐ夏。あなたのお好みはどれですか?

コープさっぽろの広報誌、Cho-co-tto(ちょこっと)の表紙をデザインしているアートディレクター・佐孝さんが語る「表紙撮影現場の裏側」

だんだんと日差しが強くなってきた今日このごろ。
今回は、そんな夏日でも涼しくしてくれるような夏らしい表紙です!
この扇は、7月号の特集素材である「ぶり」で作られています。表紙に選ばれたのは「青」ですが、実はほかにも2つ候補がありました!みなさんは、どれがお好みでしょうか?裏話の中でご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

7月あお

***
今月の表紙、
ブリの血合い部分をいかして、「扇」をつくってみました。
実はこの背景の色、
白・赤・青の全部で3パターン撮りました。

「白」
一番シンプルで、ブリが美しく見えるが、ちょっと寂しい。

7月siro


「赤」
背景に色をいれるなら暖色系が王道。ただ7月号としては少し暑苦しい。
若干のお正月感がいなめない。笑

7月 あか


「青」
食品の背景色としてはタブーの寒色系。背景の色がぶりに被っておいしそうに見えないが、
7月号、夏、扇、空、海と考えた時に、あえてチャレンジしたかった色でした。

7月あお

すべてを提案後、このチャレンジにご理解いただき、
「青」背景が採用となりました!感謝!
(撮影後、背景の色とぶりの色をおいしそうに調整しました)

コピーは 「あおぐ夏。」 としました。

夏、扇にもかけて「扇ぐ(あおぐ)」ということでもありますが、
「仰ぐ」という意味も込めています。
「仰ぐ」は【顔を上に向ける】、【上を向く】という意味で
なんか、前向きになれるような夏になるといいなという願いも込めました。
(説明するとなんか恥ずかしいですが。笑)

みなさんは何色がお好きですか?


文・動画/佐孝 優

編集(note)/池真由

お米や牛乳など、重たいもののお買い物はコープさっぽろの宅配システム「トドック」におまかせください。アプリ・WEBでカンタン注文!玄関先までお届けします。

スキありがとうございます!
Cho-co-tto(ちょこっと)は、宅配事業と店舗で北海道の組合員さん180万人の食を支える、生活協同組合コープさっぽろの広報誌。毎月57万部発行しています。 「安心して子どもに食べさせられるものが見つかる」をテーマに、毎日の食事がちょこっと楽しくなる記事をお届けします。