見出し画像

お鍋の季節ですね。まるごと買った白菜を上手に保存する方法とおいしく食べるレシピはいかがですか?

北海道はそろそろ冬支度の季節。
そんな季節に食べたい食材といえば「白菜」。
そんな方も多いのでは?
お鍋に煮込み料理。いろいろな具材と一緒にコトコト煮込んでとろり。
他の具材のうま味をたっぷりしみ込んだ白菜は格別のおいしさ。

家庭の食卓にかかせない食材である白菜。
まるごと買って長く楽しみたい!そんな方のために白菜の部位ごとの特徴と保存方法をご紹介します!

白菜ってどの部分がおいしいの?

外葉と内葉、中心部分、同じ白菜でも部位によって色も厚みも異なる白菜。
それぞれの部位の特徴を活かした料理でよりおいしく白菜をいただけますよ。

画像2


白菜にはうま味成分の「グルタミン酸」が豊富なのでコトコト煮込むほどに料理がおいしくなります。他にもビタミンC、カリウムなどがバランスよく含まれているので生で食べたり、煮込み料理はスープごといただくのがおすすめ。

長持ちする保存方法を教えて!

畑で育つ姿で保存するのがポイント。
白菜まるごと冷蔵庫に入らない!たくさんいただいちゃった!そんな時はこちらの方法がおすすめ!

画像2

カットした白菜は根元に切れ目を入れ、ラップできっちり包んで冷蔵庫の野菜室へ。
その場合も立てて保存が基本ですが、難し場合はカット面を下に向けて保存するといいですよ!

白菜をおいしく食べたい!

ひとさらで栄養たっぷり。
ココロも体も満たされる白菜の具だくさんスープはいかがでしょ

201802-1024x683 - コピー

材料(2人分)

手羽元         4本
白菜          100g
しいたけ         2枚
玉ねぎ         1/4個
にんにく         1/2片
水           400ml
酒            大さじ1
塩      小さじ1/2
塩・黒こしょう 適量

作り方

①手羽元は骨の両サイドに切れ込みを入れ、流水で洗う。
②白菜は1㎝幅に、しいたけ、玉ねぎはスライスする。
③鍋に①と水を入れて火にかけ、沸騰し、アクが出たら取り除く。
④アクが出なくなったら、酒と皮をむいて潰したにんにく、塩小さじ1/2を入れる。
⑤②を加えて20分ほど弱火で煮込み、塩・黒こしょうで味を調えて完成。
※野菜を入れるタイミングで雑穀などを加えるボリュームアップ!写真ではもち麦を大さじ1加えています。

おいしい白菜はコープさっぽろの宅配システム「トドック」でも購入できます。トドックのことをもっと詳しく知りたい方はこちら


編集/森由香(冊子)能戸英里(note)
レシピ制作・スタイリング/能戸英里 
撮影/石田理恵 イラスト/岡本香織

スキありがとうございます!
1
北海道の生活協同組合コープさっぽろの広報誌 “Cho-co-tto(ちょこっと)” です。 「安心して子どもに食べさせられるものが見つかる」をテーマに、読んでくれた人が「毎日のごはん支度や買い物が“ちょこっと”楽しくなったな」と思ってくれるような記事をお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。