見出し画像

【もしもの災害に備えるレシピ】ポリ袋で蒸しパンをつくる

災害時は、普段から備蓄していた缶詰や手軽に食べられる防災食が便利です。
でも、いつ発生するかわからない。
ストックするのを忘れてた!食べようと思ったら期限が切れていた!なんてこともあるかもしれません。
そんな時に役立つ防災食レシピを、酪農学園大学の管理栄養士コースに通う学生さんに教えてもらいました!

画像1

院生の石井僚一さん、3年生の谷口桃子さん(2019年12月取材当時)です。

手も汚さず、ボウルも泡だて器も使わずに、なんと蒸しパンが作れる!
ということで、早速教えてもらいました!

画像2

調理用耐熱性の高密度ポリエチレンのポリ袋に、ホットケーキミックス(150g)とフルーツミックス缶(190g)を汁ごとイン!

画像3

袋の上から手でもんで、しっかり混ぜます。

画像4

空気を抜きながら袋を縛ります。

画像5

お鍋にお湯を沸かして、その中にイン!
弱火にして蓋をし、30分ほど加熱します。

【注意】
※袋の先がお鍋から出ないようにご注意ください。ガスの火につくとポリ袋が溶けてしまいます。
※鍋の底にお皿や布巾を敷いておくと、なべ底に袋がついて溶けることがなく安心です。

画像6

できあがりがこちら!

画像7

取り出して切り分けて……

画像9

召し上がれ!


災害時でも、カセットコンロとお鍋いっぱいのお水があれば、できたての蒸しパンが食べられますよ。

画像8

ポリ袋調理は複数調理できるのがいいところ。
蒸しパンと同じお鍋でごはんを炊いたり、おかずをつくることもできます。
もしもの時に備えて、ぜひお子さんと一緒に試してみてくださいね。

編集/能戸英里・西明由希恵
撮影/石田理恵


#レシピ #料理 #蒸しパン #アイラップ #防災 #非常食 #生協 #コープさっぽろ

スキありがとうございます!
7
北海道の生活協同組合コープさっぽろの広報誌 “Cho-co-tto(ちょこっと)” です。 「安心して子どもに食べさせられるものが見つかる」をテーマに、読んでくれた人が「毎日のごはん支度や買い物が“ちょこっと”楽しくなったな」と思ってくれるような記事をお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。