見出し画像

〈表紙撮影現場の裏側 アートディレクターの挑戦〉イチョウ並木の紅葉を5種類のさつまいもで表現できる!?

コープさっぽろの広報誌、Cho-co-tto(ちょこっと)の表紙をデザインしているアートディレクター・佐孝さんが語る、表紙撮影現場の裏話をお届けします。

11月のちょこっとは「さつまいも」特集。
とある日、表紙案を決めるべく会議が行われました。
会議は和気あいあいと進んでいましたが、あるアイデアの登場により、一気に緊張感が走りました。

「秋といえば、やっぱり紅葉だよね。さつまいチップスをたくさん敷き詰めたら紅葉に見えるよね。それを使ってイチョウ並木を表現したらどう?」
「いろんな品種を使って紅葉の色どりを表現したらいいよね。」

・・・一瞬の沈黙。

(え?さつまいもチップスで埋め尽くす?)
(何本さつまいも必要なの?)
(いろんな品種って?紫いもとか?)
編集室スタッフは顔を見合わせ、目で会話を繰り広げます。

そこでアートディレクター佐孝さんが口を開きました。

「やってみます・・・!」

そして完成したのがこちらです。
思わず足を踏み入れたくなるような一面の落ち葉!
さつまいも5品種、全部で25本を使用した力作です。
その苦労が垣間見える裏話、ぜひご覧ください。

* * *

11月号表紙データ

すっかり秋ですね。
イチョウの葉がきれいにいろづいています。
芸術の秋より、食欲の秋!デザイナーの佐孝です。
 
11月号の素材は「さつまいも」。
 
さつまいもで、美しいイチョウの落ち葉を表現してみました。
秋を感じていただけましたか?
 
今回の撮影にあたり、
大量のさつまいもチップスをつくっていただきました。
 
用意したさつまいもは
・紅ゆうか
・シルクスイート
・安納芋
・鳴門金時
・紫さつまいも
 
こちらを各5本、計25本分のチップスです。

さつまいも2

一番いい黄色がでたのは、安納芋(写真上)でした。
あとは割と同じ感じですが、紫はまた異彩を放っておりました。
 
今回のチップスは、オーブンを使ったノンフライ製法!
大量に必要だったので、スタイリストさんが夜なべしてつくってくれました。
焼き具合を見ながら、ひっくり返したり、
水分をとったりするので、ものすごく時間がかかったようです。
ありがとうございます!!
(オーブン2台をフル稼働してくれました)
 
できあがったチップスは、落ち葉のように、パリッパリでした。
そしてヘルシー!!

二枚目の写真は
別案の表紙です。

画像3


夜なべの成果が一番でている表紙になります。笑
大量!!

でも写ってはいませんが、この4倍の量はあります。汗
 
もちろん、食べてもおいしいチップスでした!
 
 
文・写真/佐孝 優
編集(note)/池 真由

スキありがとうございます!
Cho-co-tto(ちょこっと)は、宅配事業と店舗で北海道の組合員さん180万人の食を支える、生活協同組合コープさっぽろの広報誌。毎月57万部発行しています。 「安心して子どもに食べさせられるものが見つかる」をテーマに、毎日の食事がちょこっと楽しくなる記事をお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。